--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-27(Fri)

フィレンツェ/イタリア

CIMG1284_convert_20090222144506.jpg
2004年の休暇はイタリアの街をいくつか尋ねました。

CIMG1294_convert_20090222145340.jpg
CIMG1295_convert_20090222145538.jpg
CIMG1300_convert_20090222145822.jpg
(2004DEC)
スポンサーサイト
2009-02-26(Thu)

リュブリャーニャ/スロベニア

電車
ザグレブで一泊した後、列車でスロベニアへ。

街並6
チボリ公園1
↑チボリ公園
がらくた市1

がらくた市4

がらくた市6
がらくた市7
みやげもの1
写真は残っていませんが、ザグレブ・リュブリャーニャ間の列車は楽しいです。食堂車も付いていました。
(2001 MARCH)



2009-02-25(Wed)

ザグレブ/クロアチア

案内板
2001年の3月だったかM君と二人クロアチア・スロベニアに2泊3日で出かけました。
マレーブの子会社LIN AIRの飛行機で20人乗りぐらいの小さなジェット機。
飛行機2
バスより
↑空港バスの車窓から
クロアチアは旧ユーゴスラビアの国で数年前まで戦争をしていたぐらいの知識しかなく見るものすべてが珍しいという感じでした。
街並5
街並み
街並み1
街並み3
街並み2
街並み6
街並み7
市場1
市場11
市場2
市場5
市場7
市場9
市場ってどこの国でも楽しいですね。
(2001 March)

2009-02-24(Tue)

IKEA

ハンガリーでは日本と同じくイケア、アメリカではアイケアと呼ばれるそうですが、スウェーデン語でもイケアでしょう。
DSC00015.jpgDSC00001.jpgDSC00005.jpg
ショールームが2階にあって、1階は倉庫のような売り場なのは共通でしょうか?DSC00016.jpg
ミートボールはスウェーデン名物のようでソースに甘いジャムも付いてきます。なれると結構おいしいです。冷凍のやつを時々買いました。
DSC00018.jpgDSC00020.jpg
会社のオフィスはイケアで揃えていました。イケアの家具って自分で組み立てるようになっていますが、説明書の絵など大ざっぱでいい加減です。
ローコストでお手軽が売りですが、使っているうちにガタがきます。
MY DESK2SHELF2.jpg
(2001 WINTER)



2009-02-23(Mon)

冬景色

ハンガリーは北海道と同じくらいの緯度にあり、内陸国なので冬の寒さは厳しいです。マイナス10度ぐらいは普通です。でもそんなに雪が降るわけではありません。
0131_convert_20090222115239.jpg
↑後方の山はスロバキア(見えませんが間にドナウ川があります。)
01312_convert_20090222115621.jpg
01313_convert_20090222115707.jpg
(2001JAN)
DSC00947.jpg
樹氷がよくできます。
DSC00956.jpg
↑ワーゲンのバンがレトロです。
DSC00957.jpg
DSC00977.jpg
(2001DEC)
DSC03669.jpg
DSC03670.jpg
(2003 JAN)
2009-02-22(Sun)

ロカ岬~ポルト/ポルトガル

ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国。
「ロカ岬」はリスボンから電車で1時間+アルファ、とても風の強いところでした。
DSC03473.jpg
DSC03474.jpg
望むは大西洋。「ここに地終わり海始まる」という宮本輝の小説がありますが、この言葉のオリジナルはポルトガルの詩人だそうです。まさに地の果てのイメージでした。

電車でリスボア方面に半分ほど戻りケルースというところのポザーダで1泊した後、リスボンに戻りました。
電車やバス・タクシーを乗り継いで、観光地を転々としながら(省略)最終的にポルトガル第2の都市ポルトへ。ポルトは港という意味でもあり、ポルトガルの国名の起源でもあります。
DSC03598.jpg
ポルトといえば有名なポートワイン。酒蔵を尋ねるツアーに参加しました。
DSC03606.jpg
ポートワインはワインの保存性を高めるのに発酵途中でまだぶどう果汁の糖分の高いうちにアルコールを加えてつくる(らしい)。ともかくおいしい。普通のワインとは違うものだけど、まったりして食後にゆったり楽しむのにいい。好みですがトカイワインより好きです。
数本買って帰りました。昨年の暮友人が来たときに最後の1本の封を切りました。
DSC03586.jpg
ポルトガル人は結構魚食いです。↑は「バカリャウ」といってタラの干したものです。
大みそかはどこでも花火大会↓
DSC03613.jpg
DSC03629.jpg
DSC03633.jpg

(2002DEC31)
2009-02-16(Mon)

Evora/PORTUGAL

首都リスボンで1泊した後すぐに世界遺産エヴォラに電車で移動しました。
エヴォラはローマ時代の遺跡のある古い街です。着いたのは夜でした。
DSC03413.jpg
DSC03440.jpgDSC03421.jpg
DSC03437.jpg(↑2世紀末に建てらたというディアナ(月の女神)の神殿)
DSC03443.jpg



DSC03446.jpg
ちょうどクリスマスイブに泊まったのでホテルからディナーに招待されました。
(2002DEC24)

2009-02-07(Sat)

Lisboa; Lisbon/República Portuguesa, Portuguese Republic

DSC03374_convert_20090202010410.jpgDSC03376_convert_20090202010625.jpgDSC03379_convert_20090202010710.jpgDSC03387_convert_20090202010802.jpg
(↑ジェロニモ修道院・ベレンの塔・発見のモニュメント)
 ポルトガルの首都を訪れたのは、2002年の暮れ。
 ポルトガルへは飛行機で飛びましたが、いきなり初日予定のフライトが雪でキャンセル。代わりのフライトはポルトガル航空でしたが、初日に予定していたリスボン観光はぱぁ。
 リスボン空港でに着いたのはもう暗くなったころ。あまり要領が分からずバス停を探していくと、先にひとりの青年が待っていた。予約してあるホテルに行くにはこのバスでいいのかと聞いてみたが彼もわからないらしい。バスの中で話を聞いてみるとブラジルから初めて両親の故郷であるポルトガルにやってきたらしく、おばあちゃんに逢いに来たそうだ。そりゃ分からんわな。彼は我々以上に街の景色に感動していました。
2009-02-06(Fri)

Zagreb/CROATIA

古地図
ホテルの人にはチトー大統領の別荘があったブレッド湖を勧められましたが行かずに、ポストイナの鍾乳洞に寄って、クロアチアの首都ザグレブに向かいました。
(↑博物館の古地図、CROVAとはクロアチアのことでしょうか?)

DSC01317_convert_20090201184359.jpgDSC01318_convert_20090201184436.jpg
(↑ザグレブのシンボルのひとつ聖マルコ教会)
DSC01321_convert_20090201184517.jpgDSC01329_convert_20090201184651.jpg
(↑右は大聖堂)
DSC01331_convert_20090201185939.jpgDSC01333_convert_20090201190006.jpgDSC01339_convert_20090201190058.jpgDSC01343_convert_20090201190705.jpg

ザグレブを最後にハンガリーへもどりました。
2009-02-05(Thu)

Ljubljana/SLOVENIA

DSC01289.jpg正月2日、スイスに来たものの途中の駅に置いてきた車が心配で、それと寒いのはいやだなということでチューリヒより西へ進むのはやめ東へ戻ることに。そして車で海をめざして南下。スロベニアの首都リュブリャーニャについたのは日が暮れる少し前でした。
(↑うしろの高い山々は(たぶん)ディナールアルプス)
DSC01290.jpg途中オーストリアで初めてユーロ紙幣・硬貨を見ることに。ちょうどこの1日から導入されたのでした。

DSC01283_convert_20090201180929.jpgDSC01293_convert_20090201181017.jpgDSC01295_convert_20090201181046.jpgDSC01300_convert_20090201181117.jpg
(↑リュブリャーニャ城からの夕暮れ)

DSC01309.jpg
(↑三本橋かな?)



2009-02-04(Wed)

チューリヒ/スイス

DSC01236_convert_20090201173253.jpgDSC01237_convert_20090201172949.jpg
(たぶん)チューリヒ湖(車窓から)

DSC01238.jpg
2002年1月1日。お正月でもやっているというのでバスツアーに参加。ハイジの村を訪ねる。
が、しかし...
DSC01266_convert_20090201173716.jpgDSC01267_convert_20090201173808.jpgDSC01269_convert_20090201173909.jpg
バスは名所には連れて行ってくれるが、ハイジのおじいさん役はお休み。ハイジの村のワインは美味しくて有名とのガイドはあっても、それを売っているお店はお休み。ことごとくお休みでした。はじめにゆーといてほしいもんだったわ。(↑真ん中はハイジ像です。)

DSC01239.jpg
DSC01240.jpg
DSC01254.jpg
DSC01257.jpg
DSC01265.jpg
DSC01250.jpg
DSC01251.jpg
景色だけは「絶景」。



2009-02-03(Tue)

Zürich/Schweizerische Eidgenossenschaft

中央駅
再びフェルトキルヒからチューリヒへ列車の旅。(↑チューリヒ中央駅)
当時、ハンガリーの列車や駅のぼろさに社会主義の残滓を感じていた我々は、オーストリアやスイスのそれらのきれいさに感激。でも値段もそれなりでした。

DSC01212_convert_20090201162726.jpgDSC01217_convert_20090201163308.jpgDSC01220_convert_20090201163101.jpgDSC01225_convert_20090201163524_20090201164155.jpgDSC01227_convert_20090201163610.jpgDSC01228_convert_20090201163703.jpgDSC01229_convert_20090201163808.jpgDSC01230_convert_20090201163836.jpgDSC01231_convert_20090201163924.jpg
この日は大晦日なので、花火大会があるということで街へ出ました。
食事の後、人々が行く方へ。24時が近付くと建物の明かりが次々と消され、カウントダウン。
近くにいた人たちが、シャンパンを我々にも配ってくれて一緒に乾杯しました。
2009-02-02(Mon)

Fürstentum Liechtenstein

車中
おじさん二人のアドバイスもあり、車でイタリアに行くのはあきらめ、電車でスイスを目指すことに変更、グラーツを後にしました。ただし車を置いていくわけにはいかないので行けるところまでは車ですすみました。ところが、そもそも南にいかずに北へそして西へ行くということは雪がどんどん増えていくことにあほですな。なんとか駅にたどり着きダイヤを調べて切符を買ってその日たどり着けるリヒテンシュタインへ。降りた駅はフェルトキルヒと言ってオーストリア領。タクシーでリヒテンシュタインへ。

ホテル
夜中にたどり着いたため、どこのホテルも締まっていて、運転手さんの助けを借りて何とか見つけたホテルに泊めてもらいました。

お城
リヒテンシュタイン公のお城。登りましたが中には入れません。
この国の首都はファドゥーツ何て名前でめちゃマイナーです。EUには入っていないけど国境では何のチェックもなく、通貨もスイスフランでした。ちなみにこのときオーストリアの通貨は未だオーストリアシリングでした。
(2001年12月31日)


2009-02-01(Sun)

Graz/AUSTRIA

GRAZ
遡って2001年のクリスマス休暇は、オーストリアのグラーツ経由、ベネチア・ミラノへ行くことにしました。

DSC01159.jpg
グラーツはウイーンの南に位置し、オーストリア第二の都市。とはいえ人口24万人小さい街です。街の中心部は世界遺産です。

おじさんと
クロアチアで知り合ったベイビーさんとハンスさんという地元のオジサン2人に案内してもらいました。

DSC01160.jpg
グラーツェ・シュロスベルクの時計塔
グラーツェ・シュロスベルクの時計塔

DSC01169.jpg
シュロスベルク(城山)からの景色


プロフィール

ぱぷりか 改め ふぉあぐら

Author:ぱぷりか 改め ふぉあぐら
ÚJはマジャル語で新しいと言う意味です。従来「ぱぷりか」と名のってまいりましたが、同名の方がいらっしゃるようなので今後「ふぉあぐら」と名のらせていただきます。ちょっと値段が高いです。

ぼちぼち小旅行を紹介していきます。
オーストリア、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スイス、モンテネグロ、チェコ、ドイツ、エストニア、フランス、フィンランド、イギリス、クロアチア、イタリア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、セルビア、ウクライナ、ラトビア、リトアニア、マルタ、モルドバ、リヒテンシュタイン、サンマリノ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書カレンダー
中央図書館重宝しています。
Powered By 読書カレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。